7つのキーポイントで説明された縦隔

The mediastinum is a critical anatomical region of the human body. However, this is not an organ. Therefore, let’s start by summarizing the five key facts about the mediastinum before deep-diving into the details of this body part. 

1.縦隔は臓器ではありませんが、胸部の区画であり、多くの臓器、血管、神経、およびその他の構造をホストしています。 

2.縦隔は、人体の最も重要な器官である心臓をホストします。 

3. The mediastinum is virtually divided into anterior, middle, posterior, and superior regions. This division is mainly used for clinical purposes.

4.縦隔は、体の中で異なる境界を持つ領域の1つです。 マヌブリウム 胸骨の)、後部(胸椎によって定義される)、上(上胸椎開口部または出口によって定義される)、下(横隔膜によって定義される)、および外側(肺および各胸膜腔によって定義される)。 

5. The anatomical division of the mediastinum has been largely debated in the past. While radiologists used to define this space based on the landmarks observed in the radiological images, surgeons were relying on the intraoperative margins. A CT scan-based division is now the most common and consistent approach across different medical specialties. 

6. The primary function of the mediastinum is to provide these structures with a protected pathway.

7. The mediastinum is also clinically significant due to many pathologies occurring in it. One of the most invasive and difficult to treat is a mediastinal tumor. A mediastinal mass can be found in the anterior, posterior, or middle mediastinum, and depending on their location they can apply pressure on vital organs such as the lungs, esophagus, spine, or trachea, leading to serious consequences. If a mediastinal tumor is suspected, the practitioner will recommend different tests, including a biopsy of the mediastinal mass in the thoracic cavity, a ct scan, or other imaging procedures and functional tests. Depending on the size and positioning of the tumor, surgical resection can be an option and it can be combined with pharmacological intervention to reduce the size of the mass and limit the risk of metastasis. 

以下のセクションで縦隔の解剖学的構造と機能を調べてみましょう。

縦隔を示す胸腔の前面図。縦隔は、肺と図の間に含まれる領域です。による画像 ブラウセンメディカル2014のメディカルギャラリー

Explore the mediastinum and its organs in 3D, AR, and VR with the interactive model below.

構造

The mediastinum is the space between the two lungs that extends the whole length of the thoracic cavity. From the top to the lowest point, the mediastinum extends from the thoracic inlet to the upper lining of the diaphragm. Though there is no distinct physical partition of the mediastinum, it is divided into the superior and inferior.

The inferior mediastinum is further divided into anterior, middle, and posterior compartments. Hence, there is a total of four compartments of the mediastinum. The Mediastinum houses vital body structures, such as the heart, esophagus, trachea great vessels, and several nerves. 

優れた縦隔

境界

The uppermost margin of the superior mediastinum is the thoracic inlet, and the inferior boundary is the thoracic plane or sternal angle. The pleural sacs bound the superior mediastinum laterally. The anterior border is the dorsal surface of the sternum, while the posterior boundary is the central aspect of the first four thoracic vertebrae.

コンテンツ

上縦隔には、臓器、血管、神経があります。上縦隔の臓器には、胸腺、食道、気管などがあります。上縦隔の血管には、 大動脈弓, 腕頭動脈幹、および左鎖骨下動脈と左頸動脈。上縦隔の静脈にはSVCが含まれます。 腕頭静脈, and azygous vein. It also contains some parts of the thoracic lymphatic duct. The nervous content o the superior mediastinum consists of both vagus nerves, phrenic nerves, recurrent laryngeal nerves, and cardiac nerves.

下大静脈

下縦隔は、上縦隔の下部境界から横隔膜の上面まで伸びています。それは前部、中部、および後部の区画に分けられます。

前縦隔

前縦隔の内容物には、胸腺、内胸腔血管の枝、および胸骨傍リンパ節が含まれます。

中縦隔

中縦隔には、心臓、主要な血管、すなわち大動脈、肺動脈幹、SVC、および 肺静脈。迷走神経、横隔神経、交感神経の一部も中縦隔を通過します。

後縦隔

The contents of the posterior mediastinum include the esophagus and descending thoracic aorta. It also contains part of the thoracic duct, azygous and hemizygous veins. It also has part of the vagus, splanchnic, and sympathetic chain nerves.

縦隔とその内容のイラスト。による画像 OpenStaxカレッジ

関数

縦隔の主な機能は、胸腔を通るさまざまな構造への安全な通路を提供し、胸腔の重要な器官を収容することです。

上縦隔の主な機能は、頭頸部から胸腔までのさまざまな構造のための導管または通路を作成することです。前縦隔の主な機能は、その背後にある構造を保護することです。それは、外部推力に対するクッションとして機能する結合組織と脂肪を持っています。 

中縦隔は、前縦隔のシールドの後ろに心臓と大血管を隠します。後縦隔は、上縦隔の続きと見なされます。後縦隔は、胸腔から腹腔へと横断する構造のための導管です。

神経血管供給

異なる縦隔コンパートメントの血液供給、静脈ドレナージ、および神経供給は、それぞれのコンパートメントの神経血管内容物からのものです。縦隔の内臓は、それぞれの区画の神経と血管からも供給されます。

臨床的関連性および関連疾患

縦隔は、臨床面での体の重要な空間です。それはいくつかの心肺構造を持っています。縦隔の内臓内容物の病状と異常は、縦隔の異なる区画と相関しています。縦隔の臨床的重要性の簡単な説明は次のセクションにあります。

縦隔は、臨床面での体の重要な空間です。それはいくつかの心肺構造を持っています。縦隔の内臓内容物の病状と異常は、縦隔の異なる区画と相関しています。縦隔の臨床的重要性の簡単な説明は次のセクションにあります。

優れた縦隔

上縦隔は、多くの血管や神経の導管として機能します。胸部上部の穿通性外傷は、上縦隔の血管や神経に損傷を与える可能性があります。上部縦隔には、大動脈瘤の潜在的な部位である大動脈のアーチが含まれています。大動脈弓の動脈瘤が診断されないままになると、死に至る可能性があります。

上縦隔には、食道と気管の一部も含まれています。食道と気管の閉塞は深刻な結果につながります。気管の閉塞は、呼吸障害とその後の死を引き起こします。

前縦隔

前縦隔の主な臨床的重要性は、甲状腺の上部に巣を作る甲状腺の病気に関連しています。前縦隔はまた、胸部の圧挫損傷を受けやすい。これらの挫滅による損傷は、前縦隔に脂肪壊死と出血を引き起こす可能性があります。

中縦隔

中縦隔は、縦隔の臨床的に最も重要な区画です。それは大きな血管の心臓と根を含んでいます。心筋梗塞、心タンポナーデ、心筋症などの心臓病は、中縦隔に関連しています。心臓と大血管の先天性異常も中縦隔に関連しています。

後縦隔

後縦隔は、多くの構造物の上昇経路です。中縦隔の病状は、全身機能障害を引き起こす可能性があります。下行胸部大動脈の動脈瘤、胸管の閉塞、および 食道異形成 後縦隔に関連する悪名高い臨床状態であり、生命を脅かす状態に容易に進化します。

持ち帰りメッセージ

The posterior mediastinum is an ascending route for a lot of structures. The pathologies The mediastinum is the space or cavity that extends between the pleura of two lungs. From superior to inferior, the mediastinum extends from the thoracic inlet to the superior surface of the diaphragm. The mediastinum extends between the sternum’s dorsal surface and the vertebral column’s ventral surface from the anterior to the posterior. The mediastinum is arbitrarily divided into four components; superior, anterior, middle, and posterior compartments. Each compartment contains different visceral organs, blood vessels, nerves, and lymphatics. The neurovascular of the mediastinum is from its content blood vessels and nerves. The mediastinum is clinically significant due to the visceral structure and blood vessels it contains. The middle mediastinum is clinically most important due to the presence of the heart in it.

参考文献

1. Stoddard N、Heil JR、LoweryDR。解剖学、胸部、縦隔。 [2020年7月31日更新]。で:StatPearls [インターネット]。トレジャーアイランド(FL):StatPearls Publishing; 2021年1月-。から入手可能: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK539819/

2. Priola、SM、Priola、AM、Cardinale、L.、Perotto、F。、およびFava、C。(2006)。前縦隔:解剖学および画像診断手順。 La Radiologia medica111(3)、295–311。 https://doi.org/10.1007/s11547-006-0031-6

3. Rizvi、S.、Wehrle、CJ、およびLaw、MA(2020)。解剖学、胸部、縦隔上大静脈および大血管。の StatPearls。 StatPearlsパブリッシング。 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30137860/

4. Stoddard、N.、Heil、JR、およびLowery、DR(2020)。解剖学、胸部、縦隔。の StatPearls。 StatPearlsパブリッシング。 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30969641/

5. Mast、WR、およびJafek、BW(1975)。縦隔鏡検査医のための縦隔の解剖学。 耳鼻咽喉科のアーカイブ(イリノイ州シカゴ:1960年)101(10)、596〜599。 https://doi.org/10.1001/archotol.1975.00780390010003

Health Literacy Hub Webサイトで共有されるコンテンツは、情報提供のみを目的として提供されており、州または国の資格のある医療専門家が提供するアドバイス、診断、または治療に代わるものではありません。読者は、他の情報源から提供された情報を確認し、自分の健康に関して質問がある場合は、資格のある開業医のアドバイスを求めることをお勧めします。 Health Literacy Hubは、提供された資料の適用から生じる直接的または間接的な結果に対して責任を負いません。

考えを共有する
Japanese